水位センサーの基礎知識を身につけよう

生活の中での水廻りには水位を監視する水位センサーがあります。一般的に水位を監視する装置は河川などに取り付けてあり、大雨が降った時に河川の水が溢れるのを防ぐ目的で利用が行われているもので、住宅の中にはないと感じている人も多いのではないでしょうか。河川の水が溢れると、周辺に住む人々への災害をもたらせてしまうため、水位を監視、一定量の水位を超えた場合には河川の水を別の場所に放流するためのセンサーとして活用が行われています。住宅の中にはトイレや浴室などにも水位を監視するためのセンサーがあります。センサーがある事で、水は自動的に停止する、水が溢れてしまう事を防止する事が出来るわけです。仮に、センサーが故障してしまえば水が溢れてしまい、室内などが水浸しになる可能性も出て来ます。

トイレにも水位を監視するための装置があります

水洗トイレのタンクの水は、汚物を洗い流す目的で利用するものです。タンクについているレバーを回すと、勢いよくタンクから便器に水が放水される事になりますが、この時タンクの中の水は放水が行われると同時に給水を開始するのが水洗トイレの仕組みの一つです。一定量の水位を下回ると放水は停止となります。ゴムフロートが閉じる事で放水が停止、これと同時に給水が開始になります。給水はタンク内の水が一定量になると自動的に停止する構造になっていますが、これは水位センサーでもある浮き球がタンクの中にあるためで、浮き球が水位を監視して、給水を停止する事が出来るようになっています。しかし、浮き球が故障してしまうと、給水を停止する事が出来なくなるので、タンクから水が溢れてしまう恐れもあります。これを防止するのがオーバーフロー管で、便器に水を流すので溢れる事はありません。

浴室にも水位を監視してくれる便利なセンサーが付いています

毎日の入浴の中にも、水位センサーが役立つ存在になってくれています。水位センサーの役割は水位を監視する事、一定の水位を超える、もしくは下回る時に給水もしくは排水のコントロールを行うなどがあります。浴室の場合にはバスタブに水もしくはお湯を溜める時にスイッチを押すだけで給水が始まり、設定した水量まで溜まると自動的に給水が停止する仕組みになっています。水位を監視するためのセンサーは、電気的なものだけではなく、トイレタンクの中にある浮き球のようにメカニカルなものもあります。ちなみに、センサーは光を使った電子部品でもあり、光を放つ側と光を受ける側の2つがあり、その途中に光を遮るものが生じた時、光を受ける側は光の入力がなくなるので、水の給水をストップさせるなどの動作を可能にしてくれる装置です。

風速計は災害の軽減や安全運航の基準などの目的で利用されています。 世の中で騒がれている異常気象、地球温暖化に対して、今後の地球をどのように守っていくかが課題と考えています。 フィールドプロは、チャレンジ25に参加しております。 環境・エネルギー問題への積極的な取り組み姿勢を印象づけることで、地域住民への環境啓発にも効果的にお役立ていただけます。 水位センサーのことなら気象観測システムのフィールドプロ