水位センサーについての案内事項

住宅の中には浴室やトイレなどに水位センサーが水などのコントロールを行ってくれます。水位を監視して必要に応じて給水と停止を行うためのセンサーで、住宅の中で利用が行われているセンサーは給水の停止を行う目的があります。一方、屋外においては水位を観測しなければならない環境の中で使われているのが特徴です。東京都内の中でも新宿の地下には巨大な水瓶が設置してあると言われています。これは神田川の氾濫を防止する目的で設置が行われている防災設備であり、神田川の水位をセンサーが監視を行い、必要に応じて他の場所に水を放流する時に使う施設だと言われています。日本の河川の中には大雨や台風などにより自然災害を招く恐れがある所もあり、警戒水位を超えた段階で他の場所に河川の水を放流して、災害を最小限に抑える工夫が行われているわけです。

自動的に水を止めてくれるので水の無駄がなくなります

お風呂に水を溜める時、自動制御が可能なお風呂であれば、スイッチを押すだけで浴槽にお湯を溜めてくれて、追い焚き機能により設定温度に達した段階でお風呂に入る事が出来るようになっています。浴室には水位を監視する水位センサー、浴槽のお湯の温度を監視している温度センサーが使われているので、便利な生活を送る事が出来るわけです。しかしながら、便利な道具も故障してしまう事もあります。浴槽にお湯を溜めていた時に、センサーが故障してしまうと給水を停止する事が出来なくなるので、お湯は湯船から溢れてしまう事もあります。普段の生活の中で便利に使えるものも、故障する事もあるなどを把握しておく事は大切です。尚、センサーが故障してしまった時には専門業者にお願いをして修理を依頼するのがお勧めです。

河川の水位は自然災害を食い止める指標です

住宅の中で利用している水位センサーは給水の自動停止を目的としているもので、河川などに設置が行われているものとは利用目的が異なります。但し、どちらも水位を監視する点においては共通であり、一定の水位を超えた時に何をするのかは、センサーが行うものではありません。河川の場合には、大雨が降ると警戒水位を超える事も珍しくありません。河川が氾濫すれば周辺に住む人々は非難を余儀なくされますし、低い場所にある住宅などの場合は床上浸水などの被害に遭う事もあります。河川で利用している水位センサーの場合は、河川の水位を監視して、一定の水位を超えた時に設備機器に信号を送り、設備機器は放水を行うための設備を起動させるなどの役割を持っています。ちなみにセンサーから送られてくる水位の情報はインターネットを利用しているシステムもあります。