水位センサー初心者の方はお読みください

お風呂の浴槽に使用している水位センサーはお湯もしくは水を給水する時の自動停止を目的としたセンサーで、毎日の家事を楽にしてくれる便利な仕組みと言えましょう。従来のお風呂は、水道の蛇口、もしくは追い焚き機能付きのお風呂の場合はお湯を湯船に溜めて入浴するスタイルが一般的でした。この場合、水道や追い焚き機能付き風呂の給水ノブを回して湯船に水もしくはお湯を溜めるもので、家事などをしていると水などを溜めている事を忘れてしまい、気が付いた時には浴槽から水などが溢れてしまったなどの経験を持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、センサーの導入が行われた浴槽は、一定の水量に達した時に給水を停止してくれるので、浴槽から水やお湯が溢れてしまう心配が要りませんし、水の無駄遣いを防止する効果にも繋がります。

浴槽で利用している水位センサーの仕組みをご紹介

浴槽のお湯を溜める時には、予め湯量を設定しておけば、設定した水量まで達した時に自動的に給水をストップしてくれます。これは水位を監視するセンサーが浴槽に付いているため、自動停止が可能になっているわけです。浴槽に内蔵してあるセンサーはダイヤフラムを使った方式が特徴です。ダイヤフラムは圧力を計測するための装置で、様々な圧力計や流量計などの自動コントロールシステムなどで使われている調整弁です。浴槽の中の水量が多くなると湯量に応じて圧力が加えられる事になります。これを監視しているのがセンサーであり、浴槽のダイヤフラムは圧力を見て、給水を停止するか否かを判定している事になります。尚、全自動風呂は、ダイヤフラムにより一定量の水量になった時に自動的に給水を停止してくれるため、浴槽からお湯が溢れてしまう心配が要りません。

トイレもセンサーが水量のコントロールを行っています

浴槽にダイヤフラムによる水位センサーが使われているので、お湯が溢れてしまう心配が要りません。トイレについても浮き球と呼ぶ装置がトイレタンク内に設置してあり、水位センサーとしての役割を持っています。浮き球は丸い形をしたプラスチック製のボール球のようなもので、タンク内の水が蓄えられている時には水面に浮かんだ状態になっています。浮き球の根元部分には給水弁が付いているのですが、浮き球の動きに応じて給水弁が開いて給水する仕組みになっています。トイレを利用し終えた後にタンクレバーを回すと、タンクから便器に水が流れるので、水位が下方向に下がります。この時、浮き球も下方向に下がり始めるので、給水弁が開いて給水を開始する仕組みになっています。水が一定量流れた後は、排水弁を閉じて水位が一定量になった段階で給水弁を閉じる仕組みです。